健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

【新刊紹介】「サケ白子核酸を摂れば免疫力が高まる」

新型コロナウイルスの世界的な流行拡大が続く中、免疫機能への有効性が期待できる成分として白子や酵母などに含まれる核酸栄養に注目が集まっている。

本著では、核酸栄養に関する研究のパイオニアである松永政司氏(NPO法人遺伝子栄養学研究所・理事長)が核酸の研究を始めるきっかけとなったライナス・ポーリング博士との出会いやサケ白子核酸と免疫機能の関係を解説するほか、薬学の専門家である盛氏と栄養学の専門家である井上氏が免疫機能の基礎知識や核酸に関するQ&A、サケ白子をおいしく食べるレシピなどを紹介する。

松永氏は「38年にわたる核酸の研究の成果を皆さんに読んでいただき、健康で長生きすることに少しでも役立ててほしい」とコメントしている。

なお、遺伝子栄養学研究所では公式ユーチューブチャンネルを開設。核酸に関する情報やセミナー案内などを定期的に発信していく予定だ。

 

【著者】松永政司(医学博士・工学博士)、盛孝男(薬学博士・薬剤師)、井上真季子(管理栄養士・フードスペシャリスト)

【発行】現代書林

【価格】1430円(税込)

【出版日】7月1日

一覧に戻る