健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

【ヘルスライフビジネス5月15日号】注目記事ピックアップ➁受託製造企業、6割超が「新型コロナ影響あった」

本紙では2020年上半期の健食業界の動向・景況などを調査し、今年上半期の総括および下半期を展望する「上半期健食受託製造企業」特集をアンケートとヒアリングで実施した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響から、市場は国内外ともに停滞感が強まっている。受託企業各社の6割超が「新型コロナウイルス感染拡大の影響があった」とし、受注・売上高も昨年同時期と比べて、半数以上の企業が「減った」と回答。「他業種と比べればましな方」といった声も聞かれる健食業界でもやはり海外やインバウンド向けなどを中心に影響は免れないようだ。

その一方で、ビタミン・ミネラルや一部の免疫対応商材などは特需となり、こうした恩恵を受けて、受注・売上高ともに「増えた」と回答した企業も2割を超えた。しかし今後(下半期)の景気予測では「悪くなる」「分からない」といった声が7割を超え、多くの企業が先行きを不安視している。

 

「ヘルスライフビジネス5月15日号」は無料で公開中!詳細はこちら!

 

一覧に戻る