健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

【ピックアップ商品】ロッツ「キングバイオ みどりむしダイエット」「生酵母」

ロッツ「キングバイオ みどりむしダイエット」「生酵母」

Withコロナ・巣ごもりで強まるダイエットニーズに対応

新型コロナウイルスの影響で、混乱を極めたマスク・消毒液販売、欠品が続出した加工食品など…ドラッグストア業界に激震が走った。現在は落ち着きを取り戻してきたが、「Withコロナ」や「Afterコロナ」「巣ごもり需要」などの言葉が生まれ、それに伴い、新たな消費者ニーズが芽生えつつある。その中でも「月刊H&Bリテイル」が注目したいのが「ダイエット商材」だ。これまではシェイプアップや食事の置き換えなどで減量を目標とした売り場提案が大半だったが、これからは「いかに健康でありながら今の体型を維持していくか」という切り口が重要になると考えられ、売り場を通じて訴求していくことが、潜在需要の顕在化にもつながり、ひいてはそれがダイエット市場の活性化に結する。

 

マスク・食品目的の男性客がヘルスケア商材を購入する傾向に

東京都内のドラッグストア店長によると「これまでは女性を中心とした“ダイエットガチ勢(本気な人)”をメインターゲットとしていたが、『巣ごもり需要』という言葉が出てきてから、とりあえず今の体型をキープしたいライト層が流れてきている」と話す。

さらにはマスクを購入しにドラッグストアに来店していた男性客が、最近では食品やヘルスケア関連品の購入するケースが続出している。

「最初は家族に頼まれてマスクを購入していた父親世代が、これまで妻に代理購入させていた商品や自身のニーズに対応するヘルスケア商品を購入する傾向にある。実は、ダイエット系のサプリメントにおいても男性の購入が増えており、女性よりも気軽にダイエットを取り入れているように感じる」(同店長)

このようにニーズが変化しつつある「Withコロナ」において、「月刊H&Bリテイル」が推奨したいサプリメントを紹介する。「キングバイオ みどりむしダイエット」と「生酵母(MetaBio Pure Yeast)」だ。

 

ダイエット中の栄養不足を補う「キングバイオ みどりむしダイエット」

「キングバイオ みどりむしダイエット」は、食と健康アワード2019で「特別賞:ロングセラー賞」を受賞した商品でもあり、ドラッグストア店頭に長年定着している商品だ。

同品に配合されている「みどりむし」とは、動物と植物、両方の特長をもつ微生物。ビタミン14種、ミネラル9種、アミノ酸18種、不飽和脂肪酸11種、その他7種の天然の栄養素を含んでいるため、ダイエット中の栄養バランスを維持できる。

さらに、みどりむしだけが作り出す成分・パラミロンは、腸内で強力な吸着力を発揮し、ダイエットに加えてデトックス効果にも期待でき、難消化性と吸油性のあるイヌリンを高含有しており、整腸効果にも期待できる。これは現在話題のプレバイオティクスという切り口の訴求もできる。

「キングバイオ みどりむしダイエット」に使用されているみどりむしは、自然豊かな石垣島で太陽の光を浴び、光合成をして、培養されているため、屋内培養のみどりむしに比べ、クロロフィルなど栄養素が豊富に含まれている。

さらに光合成を行うので、二酸化炭素を吸収し、温暖化対策など地球環境にも貢献しており、キングバイオは人にも環境にも役立つ商品であるといえる。

 

1カプセルに66億個の生酵母菌「生酵母(MetaBio Pure Yeast)」

「生酵母(MetaBio Pure Yeast)」は、ビタミン9種・ミネラル10種・アミノ酸18種・酵素30種、核酸(DNA/RNA)、ホルモン、食物繊維、βグルカン、マンナン、オリゴ糖、ポリフェノール、グルコサミンなどが含まれているハードカプセルのサプリメントだ。

1カプセルに66億個の生酵母菌が入っており、“生きた酵母菌を飲むだけの簡単ダイエットサポート商品”として多くの生活者から支持を得てきた。

同品に含まれる“生きて腸まで届く酵母菌”は、糖質と脂質を、炭酸ガスと水と有機酸に分解し、ダイエットをサポートする。パッケージの2次元コードをスマホやタブレットなどで読み取ると、酵母菌が糖質を食べ、炭酸ガスを発生させる動画が見ることができる。

酵母菌は古くから発酵食品に利用されており、安全・安心な有用菌。ミネラル、食物繊維、βグルカン、トレハロースなどの栄養素を含み、健康・美容にも期待ができるとされている。

2030年には糖尿病予備軍3,000万人と予測され、成人の半数が罹患するという恐ろしい予測もたてられている。

さらに現在、医療費や薬剤費などが膨張しており、消費増税などの国民負担があっても皆保険制度の維持は難しいと言われており、そもそも病気にならない体づくりをしていくことがますます重要視される。

手軽に生酵母菌を摂取できる同品は、コロナ禍という切り口だけでなく、今後さらに社会的意義を高めていくと考えられヘルスケアを掲げるドラッグストア企業にとって注目すべき製品であるのは間違いない。

 

 

一覧に戻る