健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

「浜松ウエルネスプロジェクト」で認知症予防への実証研究を開始/ファンケル

ファンケル(横浜市中区)は、 静岡県浜松市が中心となって推進している官民連携プロジェクトの「浜松ウエルネスプロジェクト」において、 認知症予防に関する社会実証へ向けた取り組みを開始した。

 

同社では、これまで嗅覚低下と脳内活動に関して研究を進めてきており、認知症患者では、特異的な臭いに対し、「臭いは感じるが、何の匂いなのかが分からない」という症状に対して、簡便な嗅覚のチェックを行うことで、脳内活動の低下に気付く可能性が考えられ、軽度認知障害(MCI)者を対象とした嗅覚機能を評価することにより、早期発見から早期予防の流れに繋げていくための探索的な研究を進めていくとした。

また、早期予防への取り組みとして、キリンが研究開発を進めてきた「βラクトリン」をs同社でサプリメントに加工し、軽度の認知障害(MCI)者を対象とした効果検証として臨床研究を進め、早期予防への足掛かりとしていく方針だ。

 

一覧に戻る