健康食品情報や機能性食品ビジネスの最新トレンドを配信

ARCHIVE
記事

「ケロッグ オールブラン」機能性表示食品で新登場

小麦ブラン由来の“発酵性食物繊維”アラビノキシランが腸内環境を改善

シリアル食品の世界シェアトップブランド「ケロッグ」を日本国内で展開する日本ケロッグ合同会社は、100年以上の歴史を持つ「ケロッグ オールブラン」シリーズ4製品全てを、小麦ブラン由来の“発酵性食物繊維”であるアラビノキシランを含んだ機能性表示食品としてリニューアルし、4月20日(月)より新発売する。

「オールブラン」に含まれるアラビノキシランは、小麦ブラン由来の発酵性食物繊維。継続的な摂取を続けることで、便通改善効果はもちろん、善玉菌とよばれる腸内の酪酸菌を増やし、酪酸を増加させることにより腸内環境を改善することが報告されている。

「オールブラン オリジナル」は、1食(40g)で発酵性食物繊維アラビノキシランが4.4g摂れる“ファイバースティック”の形状や味わいはそのままに「ブランリッチ」へと名称を変更。このほか「ブランフレーク」、「フルーツミックス」、「ナッツミックス」の全4種類で展開し、すべてが「発酵性食物繊維が善玉菌を増やして腸内環境を改善」する機能性表示食品となる。

一覧に戻る