イベント・セミナー情報

RSS

【出展締切迫る!】健食原料・OEM展2017、申込み受付中!!

2017.01.16

「健食原料・OEM展2017」が2017年4月18日・19日の2日間にわたり開催されます。
http://www.healthfoodexpo.jp/

〔榲を絞った展示会
同展示会は、健康食品の原料とOEM製造に的を絞った展示会のため、来場者の質が高く、高い商談率を実現しており、出展者様にご好評をいただいております。
そのため、多くの出展者様にリピートをいただいております。

¬砧船廛譽璽鵐董璽轡腑鵑可能
出展者のプレゼンテーションは、人気が高く、多数の来場者が聴講します。
展示会にご出展いただいた企業様には無料で提供が可能です。
新素材・新知見などをPRできる最高の場となります。

お問い合わせ・資料のご請求は、
ヘルスビジネスマガジン社 TEL:03-3839-0751
千代田区外神田6-5-3偕楽ビル新外神田5階(担当:小長谷、檜山、本間)
http://www.health-mag.co.jp/contact/

(参考1)2016年度開催実績
【名称】「健食原料・OEM展2016」
【会場】東京国際フォーラム ホールE(1)(ガラス棟地下2F)
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
【会期】2016年4月19日(火)・20日(水)10:00〜17:00
【主催】株式会社ヘルスビジネスマガジン社
【出展企業】健康食品の原料供給、受託加工、容器・包装資材メーカーなど
【出展ブース数】68コマ
【来場者数】10214人
【入場料】業界関係者のみをご招待(※一般には開放しておりません。)

10月27日開催セミナー「中国健食市場参入に関わる最新情報を学ぶ!」

2016.10.04

ヘルスビジネスマガジン社では、右肩上がりの中国健康食品市場への参入の可能性、法規制の今後の方向性、越境ECの最新動向と今後について業界関係者が最も気になる点について最前線に関わる専門家によるセミナーを開催いたします。ふるってご参加下さい。

【セミナー内容】

●第1講座《13:30〜14:50》
「日本企業の中国健康食品市場への参入の可能性と越境ECの最新事情」
螢ぅ鵐董璽献曄璽襯妊ングス クロスボーダー事業創造担当 事業開発プロデューサー 春山祥一氏
 対中国の規制緩和・市場進出加速を進める日中投資促進機構の「健康食品の中国展開 分科会」を取りまとめてきた春山氏に、中国の健康食品の規制の最新動向、日本の企業による中国健康食品市場への参入の可能性、越境ECビジネスの最新事情についてお話しいただきます。

●第2講座《15:00〜16:00》
「中国の越境ECの最新動向と健康食品の法規制の今後」
CMC管理委員会 海外営業推進部 副部長 / CMC JAPAN 営業本部長 劉 耘岐氏
 CMCは中国で唯一の国家レベルの健康医療特区で、正式名称は泰州医薬ハイテク産業開発区(China Medical City、通称:中国医薬城)です。CMC JAPANは、そのCMCと大連華信計算機技術股份有限公司が合弁で設立した日本法人で、越境ECモールである「CMCモール」を立ち上げています。今回、劉氏には急成長し、ビジネスチャンスが拡大する越境EC市場の最新動向と健康食品の法規制の今後についてお話しいただきます。

●第3講座《16:10〜16:40》

「中国における日本製品の需要と保税区を利用した商品販売の現状」
螢悒襯好咼献優好泪ジン社 代表取締役社長 大矢 均
 中国の日本製品の評価はここ数年で大きく高まり、需要は拡大する一方です。また、保税区を使った越境ECも右肩上がりで伸びています。中国の日本製品の需要の高まりと保税区を利用したビジネスの最新情報をお伝えします。

【日 時】10月27日(木)13:30〜16:40 ※ 受付13:00〜
【参加費】10,000円 ※ヘルスビジネス チャイナ&アジアの購読者は8,000円(いずれも税別)
【締 切】10月25日(火) 【定 員】80名
【会 場】日本教育会館 第三会議室(東京都千代田区一ツ橋2-6-2
(都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町」A1出口徒歩3分)

◎聴講のお申し込みは、左上画像より申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXにてお送り下さい。後日、請求書・郵便振替用紙・会場案内図を送付いたします。振込済の郵便振替用紙のコピーを受講票とさせていただきますので、当日ご持参下さい。

◎受講料はセミナー開催日前日までにお振込み下さい。銀行振込手数料はご負担いただきますようお願いいたします。前日までにお振込みできない場合はご連絡下さい。お振込み後の返金はできません。なお、インターネット振込などの場合、振替用紙のコピーができませんので、その旨ご連絡下さい。本セミナーは事前申込制ですので、当日の受付および現金でのお支払いはできません。

◎お申し込みはお一人様につき申込書1枚とさせていただきます。複数でお申し込みの際はお手数ですが本申込書のコピーをお取り下さい。

【お問い合わせ】

螢悒襯好咼献優好泪ジン社 TEL:03-3839-0751 / E-Mail:info@health-mag.co.jp

8月31日開催セミナー「健康サポート薬局制度による健食の新たな販路」

2016.07.15

【平成28年8月31日(水)開催!】

 厚生労働省は今年4月、予防医療・セルフメディケーションによる国民の健康保持増進を積極的に支援するために「健康サポート薬局」制度をスタートさせました。
 この制度で「健康サポート薬局」には、24時間対応、在宅対応、関係機関との連携、さらにOTC医薬品や健康食品のアドバイスや相談が求められています。薬局やドラッグストアはこの新しい制度を活用したビジネスの可能性を研究しており、関連するメーカーや卸もその流れを汲んだ提案が必要になってきます。

 ヘルスビジネスマガジン社はこのほど、健康サポート薬局が必要とする健康食品やサービスを探るためにセミナーを開催いたします。新制度のカギを握る3名の講演から、健食の新たな販路をつかみ取ってい頂けると思います。是非ご参加下さい。


【セミナー内容】

★ 第1講座 13:00〜13:50
「健康サポート薬局制度と健食販売におけるドラッグストアの取り組み」
〈講師〉日本チェーンドラッグストア協会 事務総長 宗像 守 氏
健康寿命延伸産業振興に向けて、さまざまな機能性表示食品や介護食品などの取り扱いを強化しているドラッグストアの現状、健食販売の方向性を明らかにします。

★ 第2講座 14:00〜14:50
「健康サポート薬局で始まる薬局の物販」
〈講師〉一般社団法人日本薬局協励会 会長 小田美良 氏
日本薬局協励会は3,000超の会員薬局に向けたOTCや健康食品の差別化商品の開発とカウンセリング力で成長してきました。健康サポート薬局として、どのようなビジネスを策定し実践するのか、新たな物販の方向性について新会長が詳述します。

★ 第3講座 15:00〜15:50
「在宅医療と物販を両立した薬局の新たなビジネスモデル」
〈講師〉徳永薬局株式会社 在宅医療部副本部長 小林輝信 氏
在宅医療の現場は24時間、365日体制が不可欠になります。物販は、現場に長年携わり修得したノウハウの一つです。
PB商品も開発する同社の小林部長が、在宅医療と物販両立の極意を披露します。

■ 開催日時:2016年8月31日(水)13:00〜16:00(受付12:30〜)
■ 会  場:糖業会館 東京都千代田区有楽町1-9-3(JR有楽町駅より徒歩6分)

■ 締め切り:2016年8月26日(金)
■ 定  員:50名(定員数に達し次第締め切り)  
■ 参加費用:お一人様 10,000円(税別)
       ※申込書はお1人様につき1枚必要です。
       ※請求書、郵便振替用紙を送付しますので、開催前日までにお支払いいただくようお願い致します。
       ※当日、現金でのお支払いはできません。

【お申込み方法】
お問い合わせフォームからお申込みください。
後日、請求書・郵便振替用紙・会場地図をお送りいたします。
【お問い合わせ内容】の項目には以下の内容をコピー&ペーストしてください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「8/31「健康サポート薬局制度による健食の新たな販路」セミナー受講申し込み
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

▲ページのトップに戻る