ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2019年12月15日

2019.12.15

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色(一部カラーページ)
版型 タブロイド版
購読料 年間33,000円(税別)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他


==============
女性対応商材、市場拡大後押し
==============

本紙調査「平成30年度訴求別市場規模」

 年末号で恒例の健康食品(保健機能食品)、自然食品など健康志向食品の訴求点別市場規模(平成30年度版)を調査した。この中で「美容・美肌」「女性疾患・妊活」といった女性対応商材が前年に比べ大きく伸びたことが分かった。トップは「整腸・腸内環境」でこの調査を始めてから連続で市場規模が伸び続けている。特に乳酸菌はこの分野の中で大半を占め、一部で最盛期を過ぎたとも言われているが、新商品も増えるなど、全体としては微増となった。一方で「トータルバランス」や「精力・滋養強壮」「血流」「免疫」分野は不調で市場が縮小傾向にある。機能性表示食品でのヘルスクレームでこれらの関連用語がエンドポイントとして使えないのが成長を減速させている要因とも考えられる。いずれにしても成長し続ける分野とそうではない分野で明暗が大きく分かれた結果となった。

詳細は本紙にて。

主な内容

トピック

▼2019年 本紙が選ぶ話題商材1位は「NMN」
 「プロテイン」「機能性表示」など今年も上位に

ニュース

▼米FDA、CBD等でQ&A「サプリメントとして販売付加」

▼「機能性表示事後チェック指針」完成間近

▼指定成分パブコメ、締切は令和2年1月2日/厚労省

▼機能性表示「乾燥によるムズムズ感」が初の受理/消費者庁

▼原料検索サイト「BALBAL(バルバル)」開設/E.EFFECT

ほか

解説

▼「食品」分野でのロボット導入促進へ

特集

▼抗アレルギー・花粉症対策

▼健食受託製造企業

▼ダイエット・抗肥満

▼原料加工受託

▼機能性表示注目素材

連載

▼「ニューマーケット創造に挑む」(18) 山本武道

▼健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(244)
 広告表現研究会 代表・山本浩二氏

▼平成30年度における景品表示法の運用状況

▼「私の故旧忘れ得べき・・」第136回

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る