ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2019年8月1日

2019..8.1

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色(一部カラーページ)
版型 タブロイド版
購読料 年間33,000円(税別)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他


=============
中国向け越境ECは拡大転換へ
=============

拡大が続く中国の健康食品市場だが、一昨年の保健食品の届け出制度開始などでその市場はより活況を呈している。一方、今年1月の電子商取引法による越境ECの規制や大手MLM企業への行政指導などネガティブな話題も聞かれるが、中国保健協会など当局の関係者らは「代理購買に関する問題などが排除されれば、近い将来越境ECは拡大転換する」との見方を示している。日本製品への人気は未だ根強く、参入障壁が少ない中国越境EC市場は再び日本企業にとって大きなチャンスとなる可能性もありそうだ。

主な内容

特別インタビュー

▼千葉大学医学研究院環境生命医学教授・森千里氏

▼ユニアス・春名真徳氏・石川克司氏

▼薬事法マーケティング事務所・渡邉憲和氏

▼元通販協・柿尾正之氏

▼JIHFS・池田秀子氏

解説

▼国の認知症対策にサプリが一翼を担うことも

▼未病・予防時代の高齢者対応商材とドラッグストアの役割

▼トクホ制度、疾病リスク低減表示の調査事業へ

▼上半期話題の素材「CBD」「NMN」「食用炭」

ニュース

▼静県大・山田氏、健康被害報告で言及

▼シンデレラ乳酸菌が機能性表示受理/アピ

▼中国に健食・化粧品の製造工場建設へ/AFC−HD
ほか

企業トップインタビュー

▼日本緑茶センター 代表取締役社長 北島大太朗氏

▼光英科学研究所 代表取締役 村田公英氏

▼GLART 代表取締役 山口博氏

特集

▼ブレイン・睡眠

▼オーガニック

▼夏のダイエット

連載

▼「ニューマーケット創造に挑む」(10) 山本武道

▼健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(235)
 広告表現研究会 代表・山本浩二氏

▼「私の故旧忘れ得べき・・」第128回

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る