ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2018年9月1日

2018.9.1号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色(一部カラーページ)
版型 タブロイド版
購読料 年間33,000円(税別)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他

=============
経産省、認知症予防に本腰
〜産官学連携でのエビデンス創出事業開始へ〜
=============

 
 経済産業省が認知症予防を目的とした新たなエビデンス創出事業に乗り出した。
今年6月に閣議決定された「未来投資戦略2018」では認知症予防に向けた官民連携でのプラットフォームの構築が掲げられ、8月7日にはその第一回有識者会議が行われた。
本紙では、経済産業省ヘルスケア産業課総統括補佐の岡崎慎一郎氏に、認知症予防事業を開始した背景や産業界とのかかわりについて話を聞いた。

主な内容

トピック

▼薬機法で課徴金制度!? 厚労省「薬機法改正議論の中では主要テーマの一つ」
 特商法業務停止を地裁が停止に 「消費者庁」事実認める

ニュース

▼17年パイオネット概要、健康食品の被害が最多
 1万1,265件中、1847件

▼PQQがノベルフード認証取得/三菱ガス化学
 「EC流通が可能に」

解説

▼男性用ボディペーパー市場が急拡大
 メーカー「女性が男性用の購買も」

特集

▼機能性表示対応素材

▼便通改善

▼酵素(植物発酵エキス)

▼フレイル〜高齢者対応素材〜

その他

▼レポート 
「チャイナ フード&ビバレッジ・マニュファクチャリング・サミット(エキスポ)2018」
広州の会場に多数来場

▼健康素材の相場価格 ルテイン

▼健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(213)
 広告表現研究会 代表・山本浩二氏

▼「私の故旧忘れ得べき・・」第106回

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る