健康食品表示規制ニュース

HOME > 健康食品表示規制ニュース > 2018年5月1日

5月号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、
●年間購読の方
ご購読開始月をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
●一部のみ購入される方
ご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月25日
発行部数
体裁
版型 A4判12頁
年間購読料 28,500円(税別)
備考
「表示規制ニュース」では、「Q&A」を掲載いたします。そこで皆さまからの健康産業関連各法に関する質問を受け付け、いただいた質問のいくつかを誌面で回答させていただきます。info@health-mag.co.jpもしくはファックス03-3839-0753でお寄せ下さい。

「機能性表示」改正ガイドラインが運用開始
「届出事前点検」は日健栄協4、抗加齢協会が5月から対応

 3月28日に機能性表示食品制度における第三次改正ガイドラインが公表され、即日運用開始となった。主な改正事項は「届出資料の簡素化」「届出確認の迅速化」「生鮮食品の取扱い」 「対象となる機能性関与成分拡大」「分析方法資料の開示」「届出後の販売状況の届出」の6点である。このほか、消費者庁が事業者からの届出についてスムーズにチェックを進めるために、業界団体などが届出事前点検を行うことになった。しかし、今回、改正されたガイドラインは消費者視点では従来のものより改善されたとの評価も聞こえるが、事業者支店では緩和化した部分もあれば、よりハードルが高くなった部分もあり、産業界では賛否両論である。


 
詳細は本誌にて。

主な内容

ニュース

▼消費者庁がトクホ、機能性表示食品の買上調査結果を公表
▼東京都平成29年度健食試売調査結果 125品目中、表示・広告で違反又は違反の疑い101品目
▼福岡県、健食買上調査 3商品から医薬品成分検出
▼日健栄協、機能性表示食品届出資料事前点検業務を5月7日から開始
など。詳細は本誌にて。

トピック

▼遺伝子組換え表示制度に関する報告書の消費者庁による説明会
▼「健食原料・OEM展 2018」主催者レポート
▼サプリ摂取による体調変化に関するマニュアル作成 JADMAが消費者への対応を明文化


など。詳細は本誌にて。

連載

▼健食広告規制・表現方法のQ&A
一般健食広告に「塩分・糖分が気になる方へ」は使えるか、その他
広告表現研究会 山本浩二氏


▼特商法改正の経緯と内容
流通コンサルタント 九重貴昭氏

詳細は本誌にて。

摘発・措置情報

18年4月後半〜18年5月前半の摘発・行政措置情報
≪食品・器具に関する摘などの情報≫
≪食品・器具に関する行政措置等の情報≫
≪摘発・行政措置情報等に関する解説≫

詳細は本誌にて。

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る