ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2018年4月15日

2018.4.15号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色(一部カラーページ)
版型 タブロイド版
購読料 年間33,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他

=============
機能性表示2050億円市場
=============

本誌編集部では機能性表示食品の市場規模調査(平成29年4月〜30年3月)を実施し、その規模を2050億円と推算した。市場をけん引しているのは価格が安く、機能性表示食品への届出前からブランド力のあった飲料やヨーグルト。またヘルスクレームに関しては「脂肪」「血糖」「脳機能」などの製品の売れ行きの良さが目立っている。前年は約1100億円市場との統計であったが、今回は平成28年度の届出受理大幅増の影響で翌年「花開いた」製品が増えたこと、そして制度に対する認知度の向上、それによって成長が止まりつつあるトクホ製品との競合でも検討するケースが確実に増えていると分析した。

主な内容

ニュース

▼サントリー食品インター、機能性表示食品を発売

▼トクホなどの買上調査を実施/消費者庁

▼ヨーグルトでタンパク質摂取を訴求/明治

▼将棋を栄養面からサポート/大塚製薬

解説

▼米国「プロバイオティクス」ブームの背景と市場動向

▼「パレオダイエット」日本市場にも波及

店舗

▼世界の店舗を巡る〈41〉米国編 トレーダージョーズ 
‐健康機能だけでない幅広い提案で人気のオーガニックスーパー‐

特集

▼機能性表示対応素材 -改正ガイドライン運用開始、対象食品が拡大化-

▼国産 -消費者「国産を重視9割超える」農水省調査-

▼血糖値対策 -糖尿病有病者1000万人突破、対応市場は推定510億円-

▼美容 -「美容・美肌」市場は1500億円突破-

連載

▼健食原料・OEM展2018 ガイドブック

▼健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(204)
 広告表現研究会 代表・山本浩二氏

▼「私の故旧忘れ得べき・・」第97回

▼慢性炎症と食機能 研究最前線レポート

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る