ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2018年2月15日

2018.2.15号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色(一部カラーページ)
版型 タブロイド版
購読料 年間33,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他

==============
食品輸出1兆円へ、健食も貢献
==============

 農水省は農林水産物・食品輸出促進に関する最新統計を2月9日に公表した。平成25年の5505億円から5年連続で増加し、29年は8073億円となった。8000億円を超えるのは初だが、平成31年には1兆円を目指している。肝心な健康食品に関しては、農水省によると税関の輸出統計品目では「健康食品」というカテゴリこそないものの、統計に入るものもあり、健康関連の商材も十分、輸出額1兆円に向け貢献していると見て良い。また、昨年12月、同省は「農林水産業・地域の活力創造プラン」改訂版を出したが、この中で「健康寿命の延伸に資する新たな機能性に関する科学的知見の収集」が定められており、担当者によるとこれは機能性表示食品も含まれ、輸出でも役立つことになると話している。

主な内容

ニュース

▼イオン、SBグループとのネット通販連携報道に遺憾

▼消費者向け「トレハロースセミナー開催」/林原

▼「ウコンの力」苦戦で減収/ハウス食品

解説

▼訪日台湾人のインバウント市場動向

▼高機能ドライヤーが好調

特集

▼スポーツ・運動-市場規模540億円、東京五輪、健康志向など追い風に拡大基調-

▼有機ゲルマニウム-食品関連の市場規模は40億円、“脳機能”など新たなアプローチも-

▼機能性糖質-機能性表示ガイドライン改定で関与成分追加へ-

▼グリーンフーズ-市場規模は1200億円を堅持、幅広い世代に向けた訴求を強化-

その他

▼健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(200)
 広告表現研究会 代表・山本浩二氏

▼高齢社会下におけるヘルスケアビジネス(1)『介護食品の今』

▼慢性炎症と食機能 研究最前線レポート(4)『慢性炎症と脂肪酸』

▼「私の故旧忘れ得べき・・」第93回 
ほか

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る