月刊H&Bリテイル

HOME > 月刊H&Bリテイル > 2018年3月7日

2018.3月号

購読希望・お問い合わせ

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始月をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行日・発行部数 月1回(毎月1日)
50,000部
体裁・版型 単色〈一部カラーページ〉
タブロイド版
購読料 年間13,200円(税別)
1部売1,760円(税別)
詳細につきましてはこちらからお問い合わせください。
読者層 小売業(ドラッグストア、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、GMS、ホームセンター、スポーツ用品店等の経営陣、バイヤー、店舗スタッフ/医療提供施設(調剤薬局等)や介護事業者の経営陣、バイヤー/受託・OEMを含むメーカー(医薬品、化粧品、雑貨品、健康食品・食品・設備機器、サービス事業者)、これらに関係する卸売業、商社、3PLなど

==================
店舗数拡大で大手と戦えるVCを志向
NID 2018年方針
「会員増強」「調剤強化」「ブランド力底上げ」を掲げる
==================


ドラッグストアが参画するボランタリー・チェーン(VC)の日本ドラッグチェーン会(NID)は、「数は力」という VC の原点に立ち返り、新規加盟社の獲得すなわち店舗数の拡大に取り組む。直近の加盟企業は 82 社で総店舗数は 5,081 店 だ が、2020 年 ま
でに 1,000 店増やし 6,000 店体制を目指す。これと同時進行で調剤部門の強化と NID ブランドの価値向上に取り組み、大手チェーンと伍して戦える VC の仕組みづくりを急ぐ。
 
購読・1部売りのお申し込みはこちら

主な内容

社説

成果を正しく評価する働き方改革を望む

業界ニュース

G&G吉田社長「必要な時に、必要な商品を、必要な数届ける」

連載

薬剤師のための調剤報酬改定解説

特集

第18回JAPANドラッグストアショー&当社主催キノウ食アワード2018授賞式

キノウ食アワード授賞式開催!! 3月16日13時、幕張メッセにて

連載

糖ダウン」販売成功事例
その3.龍生堂本店

連載

ドラッグストアのヘルスケア戦略
家族ぐるみの来店促す「キッズコーナー」

メーカーの取り組み

大塚製薬が「ボディメンテゼリー」の大規模モニター企画を実施

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る