ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2018年2月1日

2018.2.1号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色(一部カラーページ)
版型 タブロイド版
購読料 年間33,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他

==============
オーガニック業界、顧客争奪戦
==============

 オーガニック食品はわが国でなかなか大型市場を築けない言われ久しいが、昨今の業界の動
きが非常に活発になっている。買収や提携に加え、従来型の店舗のみならず、宅配やネット通
販、そして海外専門チェーンの出店から多店舗化への動きまで目が離せない状態だ。あらゆる
流通で消費者にオーガニック食品がアプローチされ、販売事業者は群雄割拠の様相を見せてい
る。但し、業界の激しい動きとは裏腹に、消費者の関心の高まりはこれからだと予測される。
しかし、オーガニックが注目されるためのきっかけはいくつもあり、最近では高騰する葉物野
菜を横目に安定価格のオーガニック野菜への需要が高まっているのもその一つだ。事業者によ
るあらゆる提案が増え、オーガニックをめぐり、大きな変革期に入ったとも言える。

主な内容

ニュース

▼機能性表示食品で初の課徴金命令/消費者庁

▼食衛法改正、健康被害情報収集に関する条文案を作成/厚労省

▼MNSが介護事業者と業務提携

▼第3四半期5.7%増加の3411億円/スギHD

解説

▼「歩いて健康増進」歩数計付きアプリでクーポンや商品に交換
 取り組みに連動した商品開発にも期待

▼2018年花粉シーズン到来
 飛散量は広い範囲で前年上回る予測

特集

▼機能性表示対応商材-市場規模は2000億円に迫る-

▼植物酵素-「カプセル」「ペースト(1口サイズ)」への需要高く-

▼美容-「ヘルシービューティー」が定着-

インタビュー

▼医師・プロボクサー 高橋怜奈さんに聞く
 「ダイエットは食事の質を重視すべき」

その他

▼健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(199)
 広告表現研究会 代表・山本浩二氏

▼糖尿病市場に向けた機能性表示食品レポート

▼「私の故旧忘れ得べき・・」第92回

ほか

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る