月刊H&Bリテイル

HOME > 月刊H&Bリテイル > 2018年1月5日

2018.1月号

購読希望・お問い合わせ

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始月をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行日・発行部数 月1回(毎月1日)
50,000部
体裁・版型 単色〈一部カラーページ〉
タブロイド版
購読料 年間13,200円(税別)
1部売1,760円(税別)
詳細につきましてはこちらからお問い合わせください。
読者層 小売業(ドラッグストア、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、GMS、ホームセンター、スポーツ用品店等の経営陣、バイヤー、店舗スタッフ/医療提供施設(調剤薬局等)や介護事業者の経営陣、バイヤー/受託・OEMを含むメーカー(医薬品、化粧品、雑貨品、健康食品・食品・設備機器、サービス事業者)、これらに関係する卸売業、商社、3PLなど

==================
将来の夢描けるドラッグストア像の確立を
人件費増を補う経費構造の見直しも必要に
==================


 上場ドラッグストア各企業が開示したここまでの決算は、食品や調剤の好調、さらに都市型店舗のインバウンド需要の盛り上りにより、増収増益かつ過去最高の更新が目立つ。ただ、今後も人手不足とそれを背景にした人件費増が進めば、収益構造や業態の方向性にも影響を与えかねない。
 非正社員は賃金に左右されがちだが、正社員の多くは企業の将来性を見込み入社を決意する。受け入れる側は人件費増を織り込んで経費コントロールに努める一方、業態や企業としての魅力のアピールが必要だ。
 関東や東海に出店攻勢をかけるクスリのアオキは今年5月、人材確保と育成の観点から組織体制を見直した。従来の人事部を労務、法務、教育、一般採用(登録販売者含む)、薬剤師採用の5部門に分け各々に部門長を配した。
 採用の機動力が上がったことで、来春の新卒はすでに400人(薬剤師50人)を内定した。青木宏憲社長は、「今後の課題は採用した人材のスキルアップ、キャリアアップだ」という。高速出店の影響で店舗の顧客満足度が低下したことを反省し、来季は教育体系も刷新する意向だ。

購読・1部売りのお申し込みはこちら

主な内容

巻頭インタビュー

「人材の発掘とスキルアップに取り組む」
ツルハHD社長 堀川政司氏

社説

ウエルシアHDの一本堂取得と高齢者の都心回帰を考える

「千思万考」

申告スタートするセルフメディケーション税制に思う

緊急提言

中国、日用品など187品目の輸入関税引き下げ

解説=ヘルスビジネスマガジン社社長 大矢 均

プラネット・True Data各社に聞く2018年のインバウンド市場

特別企画

「保健機能食品・市場創造アワード」ノミネート商品発表
機能性表示・トクホ・栄養機能の3部門から21商品・企業がノミネート

ヘルスケア産業 2018年の展望

「生鮮食品の機能性表示食品制度活用をいかに推進するかがカギ」
規制改革推進会議委員 森下竜一氏
「ワンストップニーズの獲得と差別化で“ないと困る店”に」
日本ヘルスケア協会会長 今西信幸氏
「小売りは“専門性”発揮できる棚づくりを」
大木ヘルスケアHD副社長 松井秀正氏

新春特集「メーカートップに聞く!」

「“シャープな体質改善”訴求の和漢ハイブリッド“摩耶堂薬”」
摩耶堂製薬社長 綾井博之氏
「18年秋“本丸”OTC薬を上市予定」
MDVコンシューマー・ヘルスケア社長 本多功征氏

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る