ヘルスビジネスチャイナ&アジア

HOME > ヘルスビジネスチャイナ&アジア > 2018年1月1日

1月号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、
●年間購読の方
ご購読開始月をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
●一部のみ購入される方
ご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月10日
発行部数 1,000部
体裁
版型 A4変版・2色刷
購読料 年間14,250円(税抜)

粉ミルクや紙おむつは関税0%へ
インバウンド市場に影響大?!


 中国財政部が11月24日、12月から一部消費財の輸入関税の引き下げを発表した。関税引き下げの対象は日用品を中心に187品目。粉ミルクや紙おむつが関税0%となるなど化粧品や医薬品、衣類、魔法瓶やコーヒーメーカーなど中国人観光客がインバウンドで大量購入する日用品が多く入っている。187品目の輸入関税は、平均で17.3%から7.7%と10%近く引き下げられ、インバウンド需要に大きな影響を与えそうだ。

購読お申し込みはこちら

主な内容

ニュース

▼中国越境EC参入の新システム構想に12社が結集
 不透明だった流通を一元管理、インアゴーラが発表

ほか

連載

▼中国のヘルスケア産業
第79回 上海市、保健食品購入者の6割が35歳以上 
     親戚・親友の紹介を最も信用
上海大学ビジネス研究センター主任副教授 董 永杰氏

▼2017年台湾市場の最新動向を探る
 「低糖質」「グルテンフリー」など2018年のトレンドに

レポート

▼中国国際保健博覧会、回を重ねるごとに規模急拡大
 イノベーションフォーラムで日本製品の人気の高さが明らかに

▼健康食品など保健品が地域限定で医療保険の対象になり消費者の需要が増えている

▼視聴者数が最も多いCCTVのネットショップモール
 日本館開設し国内向けに日本商品の越境ECを展開

インタビュー

▼「国民の健康需要対応と医薬分業への道」
中国チェーンドラッグストア協会の武濱会長に聞く

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る