ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2017年7月15日

2017.7.15号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色
版型 タブロイド版
購読料 年間33,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他

======================
健食の海外輸出へ気運高まり
======================

 7月12日に「第2回食品表示規制研究会セミナー」(ヘルスライフビジネス主催・企画)が東京都内の会場で行われ、業界関係者や専門家など90人が参加した。この中で、内閣府規制改革推進会議委員で大阪大学医学部教授の森下竜一氏は6月に閣議決定された規制改革実施計画計画の関連8項目に関する解説と共に、今後、国主導による健康食品や農産品の輸出促進の必要性についても触れた。さらに年内には本格議論を目指したいとの意向も明かした。昨年8月の経済政策に関する閣議決定や平成25年の規制改革に関する閣議決定による農産品・食品輸出額1兆円目標などの背景も相まって、健食の輸出促進への期待が高まっている。森下氏が触れているように国による議論が将来的に本格化するか産業界の注目度も高い。

主な内容

ニュース

▼東洋新薬、京大と連携協定

▼ロンザ社、カプスゲル社を買収

▼通販健食5月売上132億円/JADMA

解説

▼栄養検査活用する動き広まる
 食べてるつもりでも栄養失調?セルフ検査キットの発売進む

▼美容・健康機器市場拡大
 約9割の女性が美容家電を利用/ネット調査

▼国セン発表による問題
 プエラリアに関する国セン発表と影響

特集

▼機械-日本の高い技術力に世界も注目-

▼カプセル-「ハード」「ソフト」共に需要高く-

▼藻類-クロレラ、スピルリナ、ユーグレナ藻、ブルーグリーンアルジー…-

▼抗疲労-厳しい暑さで高まる需要-

その他

・健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(185)/広告表現研究会 山本浩二氏
 規制事例の分析と研究

・工場訪問(10)
 大曾根商事/「新本社工場」が7月から本格稼働

ほか

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る