ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2017年7月1日

2017.7.1号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色
版型 タブロイド版
購読料 年間33,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他

===============
中国保険食品制度
審査スピード化で参入のチャンス
===============

 中国版トクホとも言える「保健食品制度」の審査がスピード化したことが分かった。同制度は認可までの時間がかかることで知られていたが、今回の登録審査制度の改革で、保健食品の場合、申請された資料について不備や不足の指摘は一度だけとなる。そのため、再提出された資料だけで認可の可否を決定することになる。すでに改正されており、実施もされている。中国国外企業にとっては認可面で中国企業よりも冷遇されてきた感があっただけに、今回の制度改革は中国市場を狙う日本企業にとっては絶好機とも言える。今回、本紙編集部が中国で唯一の国家レベルの健康医療分野特区「CMC」を訪問、関係者に取材した。

主な内容

レポート

▼アマゾンが米自然食品大手「ホールフーズ」買収
 ホールフーズはアマゾンの倉庫化となるのか

ニュース

▼報道の真偽検証を行う団体「FIJ」が発足
 健食への根拠なきネガティブ報道にも一石投じるか

▼「がんに効く」と水素水販売
 ジャパンミート薬機法違反

▼ヘルスケア部門「アスタリフト」シリーズなど好調/富士フイルム

▼インタビュー
 国際オーソモレキュラー医学会・柳澤会長に聞く
 来年4月27〜29日に東京で世界大会開催へ

解説

▼消費者意識調査からみる「食品表示」
 機能性表示食品「どのようなものか知っていた」11・9%

▼台湾市場の最新動向と今年のトレンドを探る
 「台湾版トクホ」市場規模は400億円に迫る

特集

▼口腔ケア‐350億円市場で今後も拡大‐

▼妊活‐女性の8割「サプリ必要」‐

▼青汁‐機能性表示でさらなる市場拡大に期待‐

▼ダイエット・抗肥満‐市場規模は推定1600億円‐

その他

・健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(185)/広告表現研究会 山本浩二氏
 規制事例の分析と研究

・世界の店舗を巡る(40)米国編
 トレーダージョーズ/8割以上がPBの人気オーガニックスーパー

ほか

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る