表示規制研究会(旧 薬事法問題研究会)

HOME > 表示規制研究会(旧 薬事法問題研究会) > 2017年4月21日

2017年度第1回「健康食品 表示規制研究会セミナー

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
後日、請求書・郵便振替用紙・会場地図をお送りいたします。
【お問い合わせ内容】の項目には以下の内容をコピー&ペーストしてください。

●スポット受講ご希望の方:
−−−−−−−−−−−−−−−−−
「5月26日(金)健康食品 表示規制研究会・第1回スポット受講申し込み」
−−−−−−−−−−−−−−−−−

●表示規制研究会ご入会をご希望の方
−−−−−−−−−−−−−−−−−
「表示規制研究会・入会申し込み」
−−−−−−−−−−−−−−−−−

※申込書はお1人につき1枚必要です。
※当日、現金でのお支払いはできません。
※会員のお客様は別途郵送しております「出欠確認表」にて返信下さい。

【参加費】
●スポット受講15,000円(税別)


※申込書はお1人につき1枚必要です。
※当日、現金でのお支払いはできません。
※会員のお客様は別途郵送しております「出欠確認表」にて返信下さい。

お問い合わせ (株)ヘルスビジネスマガジン社
TEL:03-3839-0751 / FAX:03-3839-0753
E-Mail:info@health-mag.co.jp
締切
2016年5月24日(水)午後5時まで

※事前申込なしで当日は、会場に来られた場合、受講できない場合がありますので、ご注意ください。

週刊誌などマスコミのネガティブ報道の問題性と企業・業界による対処方法について専門弁護士が詳しく解説

主な内容

★時事問題報告

13:00〜13:30
関連法規・事件最新情報の報告

健康産業専門紙「ヘルスライフビジネス」編集長  花里淳一

★第1講座(特別講演)

13:30〜14:30
「週刊新潮トクホ報道」を受けて、報道問題の専門家・楊井弁護士が企業視点で解説
マスコミのネガティブ報道の問題性、そして、企業・業界はどう対処していくべきか 


先般報道された週刊新潮によるトクホ記事は業界に大きな波紋を呼んだ。このようなマスコミによる健康商材への否定的記事は今に始まったことではないが、記事の内容によっては営業妨害との見方さえできるものもある。今回、報道問題を法的視点で専門的に取り組むスペシャリスト・楊井人文弁護士に企業や業界の立場に立った対処方法を解説いただく。

〈講師〉弁護士・(一社)日本報道検証機構代表理事  楊井人文 氏

★第2講座(実務講座)

14:40〜15:20 
改正後の「特定商取引法」重要ポイント―「特商法」わからない方へやさしく解説 

昨夏、改正された特定商取引法(特商法)の重要点をもう一度学んでもらうために専門コンサルタントが解説する。

〈講師〉NPO法人消費者関連倫理機構元副理事長 上澤秀行 氏

★第3講座(レギュラー講座)

15:30〜16:15 (第一部) 16:25〜17:10(第二部)  
―実例に基づく広告規制・取締りと媒体審査基準の変化についての分析・検討― 
健康訴求広告規制基準の詳解と平成29年4月〜5月期の規制・取締り動向の検討


今年度もレギュラー講師として広告表現問題の第一人者・山本先生が最新広告動向について実例を用いて指導!

〈講師〉広告表現研究会代表 山本浩二 氏

日時・会場

【日 時】:平成29年5月26日(金) セミナー 13:00〜17:10 (受付12:40〜) 

【会 場】:中央大学駿河台記念館620号室 千代田区神田駿河台3−11−5 
(JR御茶ノ水駅徒歩2分、千代田線新御茶の水駅A8出口徒歩1分)

申し込み

画面左側にあります「お問い合わせ」フォームより申し込みください。

【参加費】
・スポット受講の方 15,000円(税別)

※申込書はお1人につき1枚必要です。
※当日、現金でのお支払いはできません。
※締め切り5月24日(水)午後5時

→過去開催の内容はこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る