健康食品表示規制ニュース

HOME > 健康食品表示規制ニュース > 2016年9月1日

9月号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、
●年間購読の方
ご購読開始月をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
●一部のみ購入される方
ご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月25日
発行部数
体裁
版型 A4判12頁
年間購読料 28,500円(税別)
備考
「表示規制ニュース」では、「Q&A」を掲載いたします。そこで皆さまからの健康産業関連各法に関する質問を受け付け、いただいた質問のいくつかを誌面で回答させていただきます。info@health-mag.co.jpもしくはファックス03-3839-0753でお寄せ下さい。

難消化性デキストリン、「お腹」「血糖」に続き、「脂肪吸収抑制」でも規格基準型トクホへ
-規格基準型トクホで得をするか業界に戸惑いの声も-


 規格基準型トクホで用いることができる「素材と保健用途」に「難消化性デキストリンと脂肪吸収抑制」が新たに加わりそうだ。すでに規格基準型トクホは同素材を用いた「お腹の調子」「血糖値が気になる方」の2つを国が認めている。規格基準型トクホは個別許可型に比べ、メリットはいくつもあり、製品アイテムの増加は期待されるのだが、一方で機能性表示食品としても関連製品は多数発売されているため、難消化性デキストリンのような大型素材にとってトクホが良いのか、機能性表示で用いるのが良いのか判断はし難い。

詳細は本誌にて。

主な内容

ニュース

▼日健栄協、第4回トクホ広告審査結果を公表/健増法に抵触するA判定1件あり
▼国セン発表「15年度の危害・危険情報」で健康食品が増加/「消化器障害」が約4割
▼消費者担当大臣に松本純氏、消費者庁長官に岡村和美氏

など。詳細は本誌にて。

連載

▼【連載】健康訴求広告規制・取締り基準の事例研究[第6回]
6月30日付け「景表法・健増法の留意事項」に関する実務上の留意点の補足

/広告表現研究会 山本浩二氏

■健康食品の定義に関する補足
■保健機能食品と一般健食広告規制基準の相違点
■一般健食広告表現の根拠に関する規制基準
■キノウの根拠資料は一般健食の根拠になるか

▼「特定商取引法・消費者契約法の改正」2
〜改正後の最新情報も踏まえてわかり易く解説〜

/流通コンサルタント 九重 貴昭氏

■特定商取引法制定の背景

▼連載・注意すべき用語4
「明示表現」「暗示表現」「間接的表示」の違いについて


詳細は本誌にて。

トピック

▼元消費者庁長官阿南久氏に聞く
「18才」「BMI30」は機能性対象者か
▼特許庁審査基準専門委員会WG委員の淺見節子氏に聞く
「食品の用途特許」今後重要に
▼表示拡大に向け4つの論点示される
第6回原料原産地表示検討会
消費者庁・農林水産省
▼エキスなど関与成分不明確品利用の可能性
第7回消費者庁機能性関与成分検討会


詳細は本誌にて。

摘発・措置情報

16年7月後半〜8月前半の摘発・行政措置情報
≪食品・健康器具に関する摘発などの情報≫
≪食品・器具に関する行政措置などの情報≫
≪摘発・行政措置情報などの解説≫

詳細は本誌にて。

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る