ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2016年11月10日

2016.11.1号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色
版型 タブロイド版
購読料 年間30,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他


====================
機能性表示・届出から受理までの道険し
====================
本誌調査「機能性届出・受理に関するアンケート」


 機能性表示制度が施行されて1年7カ月経過したが、制度1年目に比べ、届出内容のチェックが厳格化、受理まで長期化していることが分かった。また、届出後の消費者庁からの連絡方法や連絡内容について事業者の不満も多い。
 当初は簡易チェックと称していたにも関わらず、事実上、届出後は当局による“審査”状態となっている感が否めない。そこで本誌では、昨秋以降に届出した40社にアンケート調査を行った。


購読お申し込みはこちら

「ヘルスライフビジネス電子版」はこちら

主な内容

ニュース

▼トクホ取り消し問題

▼フィリピン・ドゥテルテ大統領が来日講演

▼AFC‐HDアムス・連結売上高146.3億円

解説

▼神奈川県の機能性特産物、健食向けの引き合いも

▼注目の台湾健康食品市場

▼健康関連の10月10日記念日

社長インタビュー

▼片倉工業・佐野公哉社長に聞く(下)

特集

▼北海道産商材
 「北海道ブランド」に国内外から脚光
 産官学連携の研究開発も活発に

▼プロテオグリカン
 大手の採用追い風に市場広がる
 機能性表示食品も発売

▼抗肥満・ダイエット
 「糖・脂肪吸収抑制」など機能性表示食品はまもなく200品に到達
 中高年男性の8割がメタボ改善に関心示す

▼グリーンフーズ
 大麦若葉、ケール、クロレラ、スピルリナなど
 スムージー、スーパーフード人気続く

▼天然由来タウリン成分
 添加物・食品として用いられ、需要高まる
 肝機能改善、強壮など

その他

・「私の故旧忘れ得べき…」第62回 本紙主幹・木村忠明

・健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(169)/広告表現研究会 山本浩二氏
 規制事例の分析と研究

・店舗動向(90) TAC21
 オススメ製品100アイテム取りそろえ


ほか

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る