ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2016年10月21日

2016.10.15号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色
版型 タブロイド版
購読料 年間30,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他


===============
原料原産地表示「国名」表記へ
===============
消費者庁検討会で中間とりまとめ案示す


 消費者庁・農水省による加工食品の原料原産地表示検討会が10月5日に開催され、中間とりまとめ(案)が示された。原料原産地表示は義務化となり、原則は最も重量割合が大きい原材料の原産国を記載する「国別重量順表示方式」となる。
 また、条件付きとして以下の方式も可能となる。まず一つは使用する可能性がある複数の国を重量割合の高い順に「又は」でつないで表記する「可能性表示」と、3以上の外国の産地表示に関して「輸入」とくくって表示する方法「大括り表示」が可能となる。比較的包装容器が小さい健康食品については「大括り表示」の活用が増えることも予想される。とりまとめは今年度内で行われるため、平成29年度には新制度として施行される方向だ。


購読お申し込みはこちら

「ヘルスライフビジネス電子版」はこちら

主な内容

機能性ニュース

▼「買い上げ調査」前倒しで実施の見込み

ニュース

▼東京都・医薬品成分の栄養成分表示に注意

▼三協、東和薬品と合併会社設立

▼国内化粧品OEM市場、日本コルマーがシェアトップ

解説

▼注目の台湾健康食品市場

▼越境ECで注目される自由貿易試験区

▼質の良い眠りサポートするグッズが人気

特集

▼乳酸菌
 乳酸菌ブームで末端市場規模5000億円超
 チョコレート、酵素、スムージー・・・多彩な商品形態

▼女性の悩み
 血行不良、ホルモンの影響を受ける女性達
 自然は素材で解決求める女性は8割

▼乳酸菌生産物質
 市場規模は70億円を堅持
 「腸内フローラ」認知度拡大が追い風に
 
▼珪素(ケイ素)
 美容分野からの人気高まる
 珪素の健康食品市場規模は拡大の一途

▼強壮
 精力・強壮市場500億円、安定市場を構築
 エビデンスに頼らない独特な分野として拡大

その他

【インタビュー】日本医真菌学会・学術集会会長、大野尚仁氏に聞く

【社長インタビュー】片倉工業・佐野公哉代表取締役社長に聞く

・「私の故旧忘れ得べき…」第61回 本紙主幹・木村忠明

・健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(168)/広告表現研究会 山本浩二氏
 規制事例の分析と研究

・世界の店舗を巡る(30)
 mrs.M/日本製品の提案に注力

・店舗動向(89) 湘南薬品湘南台西口店
 トイレタリー25%、化粧品12%、健康食品8%・・・

ほか

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る