ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2016年8月6日

2016.8.1号(夏季特集号)

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色
版型 タブロイド版
購読料 年間30,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他


================
機能性表示、消費者への認知進む
================
学生対象の新たな調査結果が判明
約7割が「利用した」とのデータも


機能性表示食品が市場に流通し始めてから約1年が経過し、消費者の間でも新制度の認知度が高まりつつあることが複数の消費者調査で明らかになった。機能性表示の認知度は8割を上回るという調査や、7割近くが「一度は利用したことがある」との報告もあり、若年層から中高年まで幅広い年代に浸透しているようだ。
 一方で「表示が分かりづらい」「根拠となるデータが信用できない」と否定的な意見もあり、業界としても新制度による健全な市場育成に向け、消費者の声に耳を傾けるべきだろう。


購読お申し込みはこちら

主な内容

機能性表示ニュース

▼消費者庁・SR検証事業報告書公表

展示会

▼米・食品素材総合展示会視察報告

有識者インタビュー

▼検討会座長代理・池戸氏「原料原産地表示制度」

▼特許庁・淺見氏「食品の用途発明特許」

▼JIHFS・池田氏「GMPの運用実態や問題点」

▼元千葉県警警部・森氏「食品表示・摘発事例」

ニュース

▼サニーヘルス・新ビジネス参入へ

▼ファーマフーズ・標石予想を下方修正

特別インタビュー

▼創健社・中村社長に聞く

▼エフアイコーポ・塩谷社長に聞く

▼パティシエ・柿沢氏に聞く「健康とスイーツ」

特集

▼免疫
 市場規模は500億円を突破
 消費者への啓もうが更なる拡大のカギに

▼ロコモ・骨関節
 4人に1人が65才以上の超高齢社会
 ロコモの認知度47.3%に上昇

▼ロコモ・運動
 「つまづく」「片足立ちができない」は高齢者の約3割
 運動・筋肉市場、約450億円以上の見込み

その他

・「私の故旧忘れ得べき…」第56回 本紙主幹・木村忠明

・健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(163)/広告表現研究会 山本浩二氏
 規制事例の分析と研究

・ビタミン動向
 AIFN・天ヶ瀬氏に聞く「ビタミンの第三次機能」

・世界の店舗を巡る㉕
 メルツ・アポセカリー(シカゴ)/天然由来の商材にこだわり伝統的薬局

・店舗動向(84)
 ヨドバシカメラ横浜店「理美容コーナー」/ネット通販売り上げも店頭に反映

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る