ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2016年2月4日

2016.2.1号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色
版型 タブロイド版
購読料 年間30,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他


=============
機能性、ようやく200品目
=============
関与成分1位は「ビフィズス菌」「難デキ」で23品


消費者庁が1月28日までに公表した機能性表示食品の受理件数が203品目となり、施行から10カ月で200品目超えとなった。
しかし、施行前は消費者庁は届け出から簡易チェックのみで受理されるとうたいながらも、結局は事実上の“審査状態”となっており、正式な受理に至るまでの時間が長い。あまりにも受理ペースが遅い状態が続いている。機能性関与成分別ではビフィズス菌および難消化デキストリンがともに23品で1位であった。


購読お申し込みはこちら

主な内容

機能性表示ニュース

▼機能性関与成分検討会について

ニュース

▼トクホ情報開示義務化の方向へ

インタビュー

▼元厚生労働大臣・坂口力氏に聞く「健康とサプリメント」

解説

▼原料原産地表示の背景とポイント

▼中国企業の対外直接投資による影響

▼重要視される企業による社員の健康

特集

▼たまご
注目される「完全栄養食」
サプリ・化粧品への応用も進む

▼乳酸菌
研究データ、菌数、由来など差別化も活発に
末端市場規模は4350億円

▼酵素
市場規模400億円に迫る
東南アジアからの引き合いも増加

▼美肌
インバウンド需要、スーパーフードブームも追い風に
機能性表示食品は15品受理

その他

・私の故旧忘れ得べき:1979年〜2015年」第44回 本紙主幹・木村忠明

・店舗動向72 DHC北千住マルイ直営店

・ 健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(151)/広告表現研究会 山本浩二氏
  規制事例の分析と研究

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る