健康食品表示規制ニュース

HOME > 健康食品表示規制ニュース > 2015年5月1日

5月号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、
●年間購読の方
ご購読開始月をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
●一部のみ購入される方
ご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月25日
発行部数
体裁
版型 A4判12頁
年間購読料 28,500円(税別)
備考
「表示規制ニュース」では、「Q&A」を掲載いたします。そこで皆さまからの健康産業関連各法に関する質問を受け付け、いただいた質問のいくつかを誌面で回答させていただきます。info@health-mag.co.jpもしくはファックス03-3839-0753でお寄せ下さい。

「機能性表示食品」届出製品第一弾公表「肥満」「肌」「肩・首筋」…
46通知改正で「機能性表示食品」、事実上の薬機法除外へ


 消費者庁が4月17日に公表した機能性表示食品の届出製品第一弾は、大方の予想に反して情報公開が大幅に遅れた。公開が遅れたのは届け出が殺到したことや同庁の事務能力不足が露呈されてしまった背景がある。しかし、今回の8製品の公開情報で明らかになった「肥満」「肌」「肩・首筋」などの表現や早くも複数の関与成分を用いた製品など、今後届け出る事業者にとっても参考となり得る発表であった。

詳細は本誌にて。

主な内容

ニュース

▼電話勧誘3社に特商法違反で業務停止命令/消費者庁
▼消費者行政における新たな官民連携のあり方など議論/消費者委・第1回WG開催
▼目の疲れ改善で日健栄協からA評価/富士化学のアスタキサンチン

連載

【連載】新制度施行後の健食広告規制・取締りの事例研究[第2回]
機能性表示食品制度をどのように理解するべきか
―可能な表示・表現の範囲(2)―
/広告表現研究会 山本浩二氏

■可能な表現と説明できる根拠は連動している
■根拠の説明方法により表現の形式が違ってくる
■トクホに可能な表現からの予測

食品表示法

食品表示法で「食品添加物」はどう変わるか?/食養生研究所 所長 小山田康之氏

新・製造所固有記号、平成28年4月1日に施行予定〜猶予期間は平成32年3月末まで〜
 
詳細は本誌にて。

トピック

トランス脂肪酸の議論ワーキング・グループ(WG)の閉幕を受けて
/JA全農食品品質・表示管理部長 (内閣府消費者委員会食品表示部会委員) 立石幸一氏

■「求められる社会システムとしての表示」
■「早急な対策の実現を」

詳細は本誌にて。

摘発・措置情報

15年3月後半〜4月前半の摘発・措置情報

≪健食・健康器具に関する摘発などの情報≫
≪健食・健康器具に関する行政措置の情報≫
≪摘発・行政措置情報などの解説≫

連載

「景品表示法の基礎知識を学ぶ」第4回
〜改正後の最新情報も踏まえてわかり易く解説〜
/流通コンサルタント 九重貴昭 氏

■特定商取引法の6取引類型にも新設
■業務停止命令中に薬事法違反で逮捕

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る