ヘルスビジネスチャイナ&アジア

HOME > ヘルスビジネスチャイナ&アジア > 2015年7月23日

8月号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、
●年間購読の方
ご購読開始月をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
●一部のみ購入される方
ご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月10日
発行部数 1,000部
体裁
版型 A4変版・2色刷
購読料 年間14,250円(税抜)

中国の健康ビジネス、日本企業にチャンス到来!
上海に続き広東、天津、福建を関税不要の自由貿易区に承認


関税不要の自由貿易区が4か所になった。中国政府は2015年3月24日、上海に引き続き広東、天津、福建の自由貿易区を承認した。日本企業が中国でビジネスを行う場合、日本の価格に関税と増値税が加わり約40〜50%高い価格で取引されてきたが、自由貿易区で購入した商品は関税不要となり、買いやすい価格を表示できることになる。対象商品は未認可の医薬品の形状をした健康食品以外とされており、「店頭にサンプルとカタログを置き、購入希望者が自由貿易区に所在の販売会社へ注文することで、在庫なしのビジネスが期待できる」(中国ドラッグストア経営者)と期待する声があがっており、日本企業では、「新しいビジネスチャンスが到来した」として関心が高まっている。



購読お申し込みはこちら

主な内容

ニュース

▼中国保健食品市場の活性化へ求められる企業の競争力向上
 中国商務部、2カ月間に11社を直販企業に認可

▼利用者数10億超の無料アプリ活用の微商
 保健食品の有力な販売ルートとして期待

展示会レポート

3日間、2500社が出展し7万人が来場
上海で中国最大規模の健康食品展

連載

■『中国のヘルスケア産業』
 第52回 国産原料の信用危機 不法イチョウ葉エキスの波紋
 上海大学ビジネス研究センター主任副教授 董 永杰氏

■連載「ASEANが熱い」第1回
〜今なぜASEANが注目されているのか?
ASEANの実情、実際にASEANで販売するのに必要なこと〜

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る