ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2015年7月15日

2015.7.15号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色
版型 タブロイド版
購読料 年間30,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他

============
トクホ制度に戸惑い7割超
============

本紙調査―トクホメーカーにアンケート
「今後も支持を得られる」明確に答えたのはわずか24%
「消費者は機能性表示食品とトクホの区別つかない」の声多数

 本紙では、トクホ製品販売会社に対してアンケート調査を行った
(有効回答21 社、実施期間7月1日〜13日)。4月に機能性表示
制度が施行となり、6月中旬から順次販売開始になったことを受け、
すでにスーパーやドラッグストアなどの量販店ではトクホと機能性
表示食品が並んで陳列されるケースも増えてきた。一昨年始まった
機能性表示制度の検討段階で一部から懸念が出ていたトクホの今後
のあり方はどうなるか。今回のアンケートでは「トクホが現行のまま
でも支持を得られる」と明確に答えた企業は24%に留まった。店頭での
陳列についても「消費者は両制度の製品の区別がつかない」と
答えたのは62%。危機感とも受け取れる。消費者委員会での設置が
決まったトクホのあり方に関する専門調査会も含め、
今後のトクホはどうあるべきか国だけでなく、
業界も考える時が来たと言える。

購読お申し込みはこちら

主な内容

ニュース

▼トランス脂肪酸表示問題国会でも質疑

▼ファンケル「えんきん」体験モニターに2万人超応募

…詳細は本紙で。

インタビュー

▼創業30周年を振り返る/ピーエス水川社長

▼オカムラ歯科医院/総院長岡村興一氏

…詳細は本紙で。

解説

▼訪日外国人向け商品の市場と今後の予測

▼山梨県上野原市棡原地区「長寿食体験」
 

…詳細は本紙で。

特集

▼藻類
 「スムージー」「スーパーフード」が追い風に
 一般食品用途でも採用増える

▼カプセル
 インバウンド効果、機能性表示食品などで 需要衰えず
 各社の技術・開発力進展

▼健食加工機械・機器
 世界に誇る日本の技術
 健食製造向けの優れた技術を紹介

▼美容
 機能性表示「肌のうるおい」
「皮膚の水分力を高める」など強い訴求力

▼抗糖化
 美肌、骨質改善、毛髪ケアなどすそ野も広がる
 混合ハーブ、桜の花、ツバキ種子…


…詳細は本紙で。

その他

▼店舗
 店舗動向(60)「三千里薬品御徒町2号店」

▼連載
 「私の故旧忘れ得べき:1979年〜2015年」第31回
  健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(138)/広告表現研究会 山本浩二氏
  脂肪と糖の抑制、内臓脂肪減少などの機能性表示広告の分析

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る