ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2015年5月15日

2015.5.15号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色
版型 タブロイド版
購読料 年間30,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他

============
科学的根拠のデータ化推進
============

農水省 佐藤英道政務官に聞く
機能性表示に取り組む生産者支援に努める


4月1日から機能性表示食品制度が施行された。健康産業界としてはサプリメントの表示ばかり注目されがちではあるが、生鮮食品(農林水産物)も対象となっており、生産者、流通事業者の期待も高まりつつある。今回、農水省政務官の佐藤英道氏(衆議院議員)に機能性表示制度における生鮮食品への期待、拡大する6次産業化支援などを中心に話を聞いた。

購読お申し込みはこちら

主な内容

ニュース

▼消費者被害・トラブル推計額約6・7兆円
 実際は推計値を上回る可能性

▼トクホ審査「役割が分担されてないのが問題」
 消費者委員会食品W・G

▼15年3月期は4.3%減の776.3億円/ファンケル
 機能性表示2製品は6月19日発売へ

▼通販事業売上高17億3400万円/カゴメ
 ブロッコリー新芽由来サプリ需要拡大

ほか

…詳細は本紙で。

解説

▼トッピングにマカ、乳酸菌、チアシード、スピルリナなど…
 コールドプレスジュース出店相次ぐ

▼台湾「日本食品規制強化問題」
 健康産業界も戸惑いと不安、5月15日前から対応策に追われる

▼機能性表示「安全性問題」メディアの報じ方
 特定商材への異様なネガキャン

…詳細は本紙で。

連載

▼健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(133)/広告表現研究会 山本浩二氏
新制度の評価に比例する未届出食品規制の強化
受理された機能性表示から予想できる取締りの方向性

前号で4月17日と24日に公表された11商品の機能性表示食品の受理内容を紹介して筆者の見解を述べた。5月1日と8日には併せて10商品が続いて公表されたので今回はこれについて紹介し、21商品の機能性のうち、肥満、肌、視力、便通、膝関節に関する表現について類似する未届出食品の表現と比較し、今後の広告規制・取締りの基準に関して検討してみたい。使用可能な機能性の表示は、当初予想されていた範囲を大幅に超えていることは明らかで、それによって未届出食品広告の規制・取締りは従来よりも一段と厳しくなることが危惧される。

…詳細は本紙で。

特集

▼がんサポート(免疫) 罹患者数は100万人、健食への期待も高く
日本人の死因トップである悪性新生物(がん)。国民の2人に1人が一生のうちに罹患するとされ、その数は高齢化の進行に伴い今後もさらに増えていくと見られる。がん患者の中には代替療法の一つとして健康食品を用いるケースも多く、期待は高い。対応商材を扱うメーカー各社では、臨床試験をはじめ研究データの蓄積に力を入れており、健康食品の持つ「がん」に対する可能性が注目されている。

▼健食受託製造企業 機能性表示で景況感は好転、SRのある素材を求める声も
本紙では、2015年上半期の健食業界の動向や景況、トレンドなどを調査するとともに、今年後半を展望する「上半期健食受託製造企業」特集をアンケートとヒアリングで実施した。受託各社の受注増減や売上高は、「微増」や「横ばい」との回答が目立つが、景況感は好転しているとの印象を受ける。消費税増税の影響、新制度のガイドライン公表の遅れなどで昨年度は停滞していた感があったが、機能性表示制度スタートによる市場活性化への期待は大きい。

▼ビフィズス菌 整腸訴求で機能性表示届出受理
乳酸菌と共に消費者の認知度が高いビフィズス菌。大腸菌や他の病原性腸内細菌の増殖を防ぎ、母乳栄養児の腸内感染症にかかる確率や死亡率を低くする効果、アレルギー抑制、免疫調整作用、血中コレステロール低下作用など複数の効果が認められている。機能性表示制度では腸内細菌叢の改善・整腸作用で届出が受理され、注目が集まる素材だ。

▼肝機能サポート 機能性表示食品の市場への波及に期待
飲みの味方としてコンビニやドラッグストア、駅売店でドリンク商材が市場をけん引している肝機能サポート商材。近年は、アルコールを飲まない人でも要注意の疾患「NASH(非アルコール性脂肪肝炎)」の患者が増加傾向にあり、食品による予防効果を研究している事業者もある。届出情報の公開が相次ぐ機能性表示食品では、肝機能サポート訴求製品の販売に向けて準備を進めている企業もあり、新たな製品の投入によって市場全体への波及効果にも期待がかかるところだ。

その他

▼店舗
 世界の店舗を巡る(12)「マザーズマーケット&キッチン」
 店舗動向(55)「ヨドバシカメラマルチメディア Akiba理美容コーナー」

▼連載
 ・企業経営Q&A〜税務・法律・コンプライアンスを知る〜
  第2章 弁護士 佐々木雅文
 ・「私の故旧忘れ得べき:1979年〜2015年」第27回

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る