ヘルスビジネスチャイナ&アジア

HOME > ヘルスビジネスチャイナ&アジア > 2015年5月19日

6月号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、
●年間購読の方
ご購読開始月をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
●一部のみ購入される方
ご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月10日
発行部数 1,000部
体裁
版型 A4変版・2色刷
購読料 年間14,250円(税抜)

中国、10月1日から保健食品の届出制施行
改正版の『中華人民共和国食品安全法』公布


保健食品届出制を盛り込んだ新『食品安全法』が公布され、今年10月1日から施行される。中国では食の安全をめぐる事件が問題となっていることを背景に、全国人民代表大会(全人代)は4月24日、食品安全法の改正案を可決した。同法は「史上最も厳しい食品安全法」と言われており、食品に関する品質管理を強化するとともに、違反した場合の罰則をさらに強化している。国内外の保健食品業界では、いつ公布されるか、その動向はどうなるのか関心が高まっていた。同法公布の最も注目すべき内容は保健食品届出制の導入だ。これまで認可制だった保健食品制度が、「認可制」と「届出制」の二本立てに変更されることで、市場参入のハードルが大幅に低くなり、国内外の中国市場進出が急増し、新しい保健食品ブームの可能性がある。


購読お申し込みはこちら

主な内容

ニュース

■上海ホワイトカラーの健康状態は健康指標異常率94・6%
 『2015上海白領健康指数白書』発表

解説

■中国に進出する日本企業が注視しなければならない上海市の食品・保健食品関連ローカル法令

連載

■『中国のヘルスケア産業』
 第50回「老百姓大薬房」現象から見る保健食品市場におけるドッグストアの将来性
 上海大学ビジネス研究センター主任副教授 董 永杰氏

中国チェーンドラッグストアの動向

■ベビーと母親マーケットに照準を定めドラッグストア上位100社とのネットワーク形成が不可欠に…

台湾情報

■台湾が日本食品の輸入規制を強化

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る