ヘルスライフビジネス

HOME > ヘルスライフビジネス > 2015年4月15日

2015.4.15号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、

●年間購読の方
内容欄に、ご購読開始日をご記入ください。(例:〇年〇月1日号から1年間購読)
※ヘルスライフビジネスは1日号からのご注文のみとなりますのでご了承ください。
なお年間購読は昨年のバックナンバーよりご注文をすることはできません。
過去のバックナンバーをご希望の方は一部売り申込みにてご注文ください。

●一部のみ購入される方
内容欄にご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月○日号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月2回(1・15日)
発行部数 非公開
体裁 単色
版型 タブロイド版
購読料 年間30,000円(税抜)
読者層
健康食品メーカー、一般食品メーカー、大衆薬メーカー、各種受託加工メーカー、化粧品メーカー、スポーツ・フィットネス施設、エステティック施設、ドラッグストア、調剤薬局、一般薬局・薬店、薬系卸、百貨店、貿易会社、商社、通信販売企業、無店舗販売業者、健康食品専門店、官公庁、大学図書館、各種報道機関 他

==============
届出同等の機能用いた宣伝可能
==============
「機能性表示食品」の広告宣伝はルール守れば自由度高い
「従来型健食」は薬機法での監視継続


機能性表示制度が4月1日にスタートしたが、消費者庁が食品表示法における容器・包装での表示に対しての言及が多いため、実際の広告宣伝について本紙で紹介する。機能性表示食品の機能を用いた広告宣伝については基本的にテレビ、カタログ、店舗内などすべての媒体で可能であることを結論付けている。ただし、届け出した機能とは別の機能やそれを暗示させるような表現を宣伝に用いてはいけない。なお、容器・包装への表示に関しては食品表示法で、広告宣伝については景表法などを中心とした監視対象としていくことも明らかになった。



購読お申し込みはこちら

主な内容

ニュース

▼AIFN新理事長に天ケ瀬晴信氏

▼機能性表示の事業者支援1日から受付開始、研究レビュー支援は300万円から/日健栄協

▼電話勧誘3社に業務停止命令、関節向けサプリメントなどで「再勧誘」「不実告知」/消費者庁

▼ビフィズス菌Bifixに抗メタボ効果/グリコ乳業

ほか
…詳細は本紙で。

解説

▼さまざまな疾病治療・予防に活用される運動療法
 運動習慣が身につけば高い効果

▼脱・人工甘味料ブームへ
 欧米から日本へ波及

…詳細は本紙で。

規制

▼健康食品等の広告・販売 規制事例の分析と研究(132)/広告表現研究会 山本浩二氏
新制度に違反する表示の取締りが早くも始まっている
見えてきた新制度での具体的な広告表現の基準

3月31日付けで機能性表示食品の届出等に関するガイドラインの確定版などが公表された。表示に関しては案の内容と変わりなく、特にどのような広告表現が可能なのか具体的なことの不明な点も同じだと言わざるを得ない。しかし、明らかになってきた部分もある。確定版の公表などと同時に行われたネット広告に対する監視結果の公表から行政側の強い意志が推測できるし、様々な情報から具体的な内容が徐々に明確になっていることも間違いない。今回は前号に続き規制・取締りの方向性と広告表現に関する具体的な規則基準について検討してみる。

…詳細は本紙で。

特集

▼サケ由来素材
 世界的な食経験を武器に引き合い増
 良質なオメガ3を含み。世界的な食経験を持つサケは、近年スーパーフードとしての認知度も高まっている。健康食品・化粧品でも、イメージの良さや、豊富なエビデンスを持つことからサケ由来素材はなくてはならない存在だ。コラーゲンやコンドロイチンなど人気素材から、勢いを増すプロテオグリカンなど、期待のサケ由来素材を特集する。

▼ブレイン・メンタル 精神疾患者320万人
現代病とも言われるうつ病が問題視されるなか、ストレスケアや安眠の重要性が啓もうされ、ブレイン・メンタル対応商材の役割がますます重要となっている。記憶力や思考力での需要も高く、大手企業も対応商材を販売する。米国でココナッツオイルの脳機能に関する研究レポートが発表され、日本でもテレビや雑誌で取り上げられブームを引き起こした。それだけ消費者のブレイン・メンタルに対する関心は高く。今後も対応商材の市場は拡大していくと見られる。

▼インド産素材 素材の宝庫に世界が注目
 健食市場におけるインド産素材の貢献は大きく、ガルシニアやギムネマなど数多くの素材が用いられている。また、米国でもそのシェアを拡大させつつあるなど、世界から注目を集めている。課題とされてきた供給体制。エビデンスなど市場拡大のためのインフラも進み、インド産素材の存在感は今後ますます高まりそうだ。

▼コラーゲン 潜在需要開拓で反転攻勢へ
 美容分野の定番素材として抜群の認知度を誇るコラーゲン。近年その市場は頭打ちにあるとも言われているが、メーカー各社は新たな剤型・訴求点での商品開発やエビデンスの蓄積などで、反転攻勢に向けて差別化戦略を強化している。「機能性表示食品」制度を活用した商品開発を提案している企業もあり、今後の動向が注目される。

その他

▼店舗
 世界の店舗を巡る(11)「ファーマカインテグレーティブファーマシー」
 店舗動向(54)「アインズ&トルペ原宿クエスト店」

▼連載
 ・企業経営Q&A〜税務・法律・コンプライアンスを知る〜
  第1章 税理士 桑畑弘道
 ・「私の故旧忘れ得べき:1979年〜2015年」第26回

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る