健康食品表示規制ニュース

HOME > 健康食品表示規制ニュース > 2015年4月1日

4月号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、
●年間購読の方
ご購読開始月をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
●一部のみ購入される方
ご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月25日
発行部数
体裁
版型 A4判12頁
年間購読料 28,500円(税別)
備考
「表示規制ニュース」では、「Q&A」を掲載いたします。そこで皆さまからの健康産業関連各法に関する質問を受け付け、いただいた質問のいくつかを誌面で回答させていただきます。info@health-mag.co.jpもしくはファックス03-3839-0753でお寄せ下さい。

「機能性表示制度」4月1日スタート
〜「疾病」連想させない機能表示なら自由度高い〜


 国は3月6日に食品表示法の施行期日を定める政令を制定した。食品表示法及び同法に含まれる新制度「機能性表示食品」の施行が4月1日となることが正式決定した。第2次安倍政権発足後、有識者会議「規制改革会議」で浮上してから2年という短期間の施行は食品表示の歴史上、類を見ないスピードによる制度づくりであった。

詳細は本誌にて。

主な内容

ニュース

▼景表法措置命令相次ぐ、2月は健康関連3事例含む全7件/消費者庁
▼平成26年度福岡県健食試買調査、9品目から医薬品成分を検出

連載

【連載】新制度施行後の健食広告規制・取締りの事例研究[第1回]
機能性表示食品制度をどのように理解するべきか
―可能な表示・表現の範囲(1)―
/広告表現研究会 山本浩二 氏

■すべての健食事業者に必要不可欠な新制度の理解
■キノウが可能な広告表現の特徴
■機能性の可能な表示・表現の範囲

機能性表示

「機能性表示制度」ガイドライン案の要点
「文献による機能性評価」―いかに取り組むかがカギ


 機能性表示制度の開始日は正式に4月1日と決まり、各社の準備や情報収集も活発に行われている。ガイドライン案はすでに3月2日に公表され、正式なものについては本誌が出るころには公表されているだろう。ガイドライン案の重要なカテゴリーについて概要とポイントを取材で分かったことも踏まえて示していく。

詳細は本誌にて。

トピック

ノンアルトクホ問題
〜消費者庁と消費者委、許可要件の考え方が争点に〜


 消費者庁がこれまでの慣例を破り、消費者委員会の答申内容に相違して花王とサッポロビールのノンアルコール飲料をトクホ認定した件について、消費者庁は消費者委および新開発食品部会・評価調査会との合同会議を行った。

詳細は本誌にて。

摘発・措置情報

15年2月後半〜3月前半の摘発・措置情報

≪健食・健康器具に関する摘発などの情報≫
≪健食・健康器具に関する行政措置の情報≫
≪摘発・行政措置情報などの解説≫

連載

「景品表示法の基礎知識を学ぶ」第3回
〜改正後の最新情報も踏まえてわかり易く解説〜
/流通コンサルタント 九重貴昭 氏

■景品表示法・不当表示規制
■第4条第2項(不実証広告規制)の新設

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る