健康食品表示規制ニュース

HOME > 健康食品表示規制ニュース > 2015年1月5日

1月号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、
●年間購読の方
ご購読開始月をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
●一部のみ購入される方
ご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月25日
発行部数
体裁
版型 A4判12頁
年間購読料 28,500円(税別)
備考
「薬事法ニュース」では、「Q&A」を掲載いたします。そこで皆さまからの健康産業関連各法に関する質問を受け付け、いただいた質問のいくつかを誌面で回答させていただきます。info@health-mag.co.jpもしくはファックス03-3839-0753でお寄せ下さい。

「機能性表示」試買調査で不正品の監視強化
「ガイドライン」は早くて1月公表

 機能性表示制度のガイドライン公表は早くて1月となることがわかった。これは機能性表示制度(新制度)に関して、消費者委員会による安部首相(政府)への答申が12月9日に行われたことを受け、ガイドライン公表までの主な日程がようやくわかってきたためだ。

詳細は本誌にて。

主な内容

ニュース

▼「好転反応」と言われても一旦中止を/消費者庁が注意喚起
▼薬事法新名称「医薬品医療機器等法」など紹介/東京都の健食事業者講習会

連載

【連載】健康訴求表現方法の事例研究[第10回]
機能性表示制度の対応に必要な事項の検討
―現行のトクホ・エイキの表示・表現の規制基準(1)
/広告表現研究会 山本浩二 氏

■新制度への対応のために必要な現行制度の理解
■トクホ表示・表現の規制基準
■トクホ広告での体験談の紹介に関する規制基準
■どのような体験談であれば紹介できるのか

新・食品表示基準の考察

トクホやエイキ、強調表示で用いる基準値が改定
新たにオメガ3や食物繊維の基準値設定も

 2015年にスタートする新たな食品表示基準について、消費者庁はトクホやエイキ、栄養強調表示を行う際に用いる1日当たりの摂取目安値「栄養素等表示基準値」を改定する。製品パッケージ上に当該栄養成分を「含んでいる」「多く使用している」「従来品よりも○○%アップ」など、強調表示を行う場合には、この新しい栄養素等表示基準値を用いることになる。

詳細は本誌にて。

トピック

「米国FDAのNDIガイダンスのその後」
/一般社団法人日本健康食品規格協会理事長 池田秀子氏

トピック

「食品添加物」が抱える課題
―人工甘味料の使用範囲を限定すべき―
/食養生研究所 所長 小山田康之 氏

トピック

印刷会社からみた健康食品の表示問題とラベル動向
/(株)日本ラベル 平山雄太氏

■新制度の設立により、印刷業界も情報収集に錯綜
■最近の印刷の動向

連載

健康食品販売企業を取り巻く法律・応用編
最終回 消費者契約法と消費者団体訴訟制度
/流通コンサルタント 九重貴昭 氏

■差止め請求事例
■架空の適格消費者団体の出現

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る