健康食品表示規制ニュース

HOME > 健康食品表示規制ニュース > 2014年10月2日

10月号

購読希望・お問い合わせ

上記、お問い合わせフォームからお申込みください。
お問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」欄に、
●年間購読の方
ご購読開始月をご記入ください。(例:〇年〇月号から1年間購読)
●一部のみ購入される方
ご希望の号をご記入ください。(例:〇年〇月号を購入)

※本商品は前金制となっております。
 入金を確認後、商品を発送致します。

発行 毎月25日
発行部数
体裁
版型 A4判12頁
年間購読料 28,500円(税別)
備考
「薬事法ニュース」では、「Q&A」を掲載いたします。そこで皆さまからの健康産業関連各法に関する質問を受け付け、いただいた質問のいくつかを誌面で回答させていただきます。info@health-mag.co.jpもしくはファックス03-3839-0753でお寄せ下さい。

“機能性表示制度”届け出後の消費者庁のチェックは
主に2点「表示内容」&「届け出書類の不備」

正式受理から60日後に販売可能 消費者庁



 消費者庁は8月28日の福岡を皮切りに、札幌、大阪、東京の順で一般向けの機能性表示に関する説明会を行った。東京は参加者が多く、3回行われ、1000人以上が来場した。また、札幌では参加者は東京や大阪には及ばなかったが、その分、質疑応答時間が多くとられた。

詳細は本誌にて。

主な内容

ニュース

▼課徴金制度、製造所固有記号などに新規予算/消費者庁平成27年度概算要求
▼「課徴金制度法制化を加速化する」/有村消費者大臣就任会見

連載

健康訴求表現方法の事例研究[第7回]
機能性表示の対応に必要な事項の検討―実施前に理解しておきたい事項
/広告表現研究会 山本 浩二 氏

■機能性表示の新制度で何がどのように変わるのか
■これまでの機能表現に関する規制と新制度の違い

健康機能表示サプリメント研究会報告

健康機能表示サプリメント研究会・第5回勉強会報告
〜消費者庁機能性表示制度の表示基準案への具体的な対応策〜
/健康機能表示サプリメント研究会事務局長 山路明俊

新・食品表示基準の考察【第2回】

栄養表示義務化、猶予期間は5年間
栄養成分の強調表示は新ルールに


食品表示基準案のパブリックコメント募集が締め切られ、9月24日に行われる消費者委員会で消費者庁が修正案を提出する予定だ。

詳細は本誌にて。

トピックニュース

経産省、個人情報保護ガイドラインの見直しへ
ベネッセコーポレーションの個人情報流出事案では、約2260万件の住所、氏名、電話番号、子供の生年月日、性別、一部出産予定日とメールアドレスが流出。

トクホ審査工程の改革は行われるか
〜「ノンアルコールトクホ」の行方〜


消費者委員会は8月5日、特定保健用食品の認可申請を受けたサッポロビールと花王のノンアルコール飲料2品目に関して、トクホとして認めることは適当でないと答申を行った。

14年8月後半〜9月前半の摘発・措置情報

≪健食・健康器具に関する摘発などの情報≫
1、薬事法による摘発などの情報
2、特商法による摘発などの情報
3、JAS法・不正競争防止法による摘発などの情報

≪健食・健康器具に関する行政措置の情報≫
4、薬事法による行政措置の情報
5、食品衛生法による行政措置の情報
6、健康増進法による行政措置の情報
7、JAS法による行政措置の情報
8、景品表示法による行政措置の情報
9、特定商取引法による行政措置の情報

≪摘発・行政措置情報などの解説≫
薬事法の摘発事件について
他の摘発事件について
行政措置事件について

連載

健康食品販売企業を取り巻く法律・応用編
第2回 消費者契約法と消費者団体訴訟制度
/流通コンサルタント 九重 貴昭 氏

■消費者契約法

→バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る